信長の野望革新攻略サイト

城  批評(レビュー)  城

はじめに

この批評(レビュー)は、まだ革新PKをプレーしたことがない方のために、ゲームの概要と個人的な批評を紹介したものです。

購入の参考になさる方は、人によって違った楽しみ方、違った評価があることを理解した上で、お読みください。既にプレーされた方は、お読みになる必要はございません。

批評(レビュー)

信長の野望革新の最大の特徴は、タイトル通り技術革新です。

各勢力には技術があり、その技術を研究することで、兵が強くなったり、城が強くなったりします。 武田家を例にすると、過去のシリーズでは「武田家には騎馬が得意な武将が多い」と言えますが、革新では「武田家は騎馬隊自体が強い」と言えます。

この勢力の特徴と方向性を決定する技術を、どのような順序で獲得していくかが革新の醍醐味であり、面白さでもあります。一部の勢力のみにある独自技術の存在も、何度もプレーさせたくする良いアイデアだと思います。


また、革新を特徴付けているシステムとして、リアルタイム制があります。

内政も合戦も技術研究も、全てがリアルタイムで行なわれるため、内政や技術研究などに優秀な人材を投入しすぎると、突如敵に攻められた時に対処が難しくなります。合戦は合戦で、長引けば兵糧の消費が激しくなったり、手薄になった城が狙わたりと、ここでも時間が影響してきます。

このリアルタイム制のおかげで、合戦では兵力や戦術よりも、タイミングや戦略に比重が掛かるようになりました。

おおむね評価が高い革新の技術と合戦ですが、そのどちらもが非常に大局的で、1つ1つの町作りや合戦を楽しむ天下創世とは、好みが分かれるところです。


ところが、革新の内政に関しては、非常にバランスが悪いと言わざるを得ません。

システム的には好評だった天下創世の内政に似ているのですが、ある程度の武将数があれば、すぐに開発の限界に達してしまいますし、例え限界まで開発したとしても、決して金銭や兵糧に余裕が生まれる訳ではありません。

このゲームバランスのせいで、「使えない武将は登用しない」「兵力を蓄えるよりも隙を作る」という不条理が攻略の王道になっています。


有名大名でなければ、技術研究の面白さを十分に堪能できないというのが残念ですが、パワーアップキットで追加された諸勢力と南蛮技術のお陰で、弱小大名でのプレーや攻略の自由度の面で、格段に良くなったように思います。

全般的に、内政よりも合戦が好きな人、武将よりも勢力が好きな人向きのゲームに仕上がっていると思います。

- おすすめ度 -
★★★★★


おすすめソフト

信長の野望天道   おすすめ度★★★★☆  (攻略サイトあり)
信長の野望天下創世 おすすめ度★★★★★  (攻略サイトあり)
信長の野望革新の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

ゲームの流れ

おすすめ大名(低難易度)

おすすめ大名(高難易度)

弱小大名

全国のデータ

町並と施設

兵科の特徴

技術の効果と順序

南蛮技術の種類と効果

諸勢力の情報

適性Sの武将

足軽隊プレー

騎馬隊プレー

弓隊プレー

鉄砲隊プレー

築城プレー

効果的な担当

諸勢力攻略法

内政攻略法

最適な部隊編成

おすすめ戦法

拠点攻略法

効率的に適性を上げる

どの兵科が最強か

どの兵科の戦法が最強か

最も効果的な連鎖とは

南蛮貿易での友好度の上げ方

兵科能力の変遷

裏技・小技集

裏技 調虎離山の計

裏技 アウトレンジ戦法

裏技 逆啄木鳥戦法

守備の裏技集